生活習慣の変化により増えている低血圧の症状による悩み

最適な治療を

その症状と原因について

高血圧と違って、低血圧の人というのは、なにかと軽く見られがちです。これは高血圧というのが、さまざな病気や疾患の原因となることから、血圧が高くては良くないという、社会の向きがあって、血圧は低くなくてはならないという誤った認識があるためだと思われます。血圧は決して低すぎるからと言って、それが健康のバロメーターというわけではありません。低血圧であれば、低血圧なりの症状があるというものです。 低血圧の症状では、頭痛や吐き気、めまい、動悸、息切れ、立ちくらみ、食欲の不振、不眠や、朝起きれないなど、数えれば切りがないほどの症状があります。 その原因というのは、まだよくは解明されてはいないものの、血行不良が原因ではないかと言われています。

低血圧の治療どんなものがあるか

近頃では巷に安価で手に入る血圧計というのが出回るようになって、血圧の測定というのは、病院やクリニックといったところにわざわざ行かなくても、自宅で気軽に出来るようになってきました。これでもしも、毎日、血圧を測られて、基準値とされる数値よりも低く出続けておられるのなら、いちどお医者さんのところに行って、検査などをするなどして、身体に異常はないか診てもらうのがいいでしょう。ここでお医者さんが必要とあれば、血圧を低くする薬を出してくれますし、生活習慣の改善をはかるようにと言われれば、その指示に従うようにしましょう。 ちなみにここでいう薬というのは、昇圧剤のほかに、自律神経調節剤、血管の収縮剤などがあります。